カードローンや消費者金融を利用する上で知っておきたいことといえば、総量規制です。総量規制とは企業からお金を借りる上で関わってくる規則であり、総量規制を知らないと審査に落ちてしまう可能性があるので注意をしましょう。

総量規制とはどんな規則なのか?

総量規制とは、消費者金融やカードローンを利用するときに年収の三分の一以上の金額を借りることができないという規則です。 総量規制は、お金を借りる側を守るために作られました。消費者金融側からすると、お金を沢山借りてくれればそれだけ利息を貰うことができるので、メリットが大きいです。もちろん返済できない可能性があるというデメリットもありますが、毎月もらえる利息が増えることは大きいはずでしょう。ただし、制限なくいくらでも借りることができるというのは、利用者にとってはとても怖いことです。

総量規制は平成22年に施行された規則ですが、これ以前は多重債務者が増えて自己破産をする人も多く見られました。借金の返済をすることが出来なくなり、辛い生活を送ったり自殺をする人まで出ていたのです。 そういった借金苦に悩むことを防ぐために生まれた規則が総量規制です。総量規制は貸金業法によって定められた規則で、貸金業として登録されている消費者金融が関わっている規則となっています。

消費者金融から借り入れをするときは年収の三分の一以上は返済が困難になりやすいため、借りることはできません。また、これは全てのトータル金額なので、一社から三分の一、という訳ではなく、全ての消費者金融からトータルで三分の一以上の金額を借りることができません。

総量規制の除外となるものとは

総量規制は貸金業法に関わる規則であり、銀行のカードローンなどには当てはまりません。 そのため、住宅ローン、マイカーローンなどは年収の三分の一以上でも借りることができます。また、クレジットカードのショッピング枠も年収関係なく利用をすることが出来ます。 高額医療費の借り入れ、信販等からの借り入れも規則には関わりはなく、担保がある場合の借り入れも総量規制には引っかかることはありません。

特に急な病気や事故にあったときの医療費の借り入れやおまとめローン、借り換えローンの場合は総量規制は例外となります。 このように、総量規制はあくまで消費者金融からフリーで借りる場合に適用されるもので、除外される項目も多いです。

消費者金融の審査を受けるときは、総量規制に引っかかる金額かどうかも確認しながら審査をお願いしましょう。